映画

【ネタバレ注意!】シン・ゴジラ感想

KIMG1003~01

【この記事はネタバレを含みますのでご注意下さい】

どうもウマゴロウです。

いやーシン・ゴジラ楽しかった!

子供の頃見たゴジラより、話はより大人向けにしてある気がしましたが、このスリル感はあの頃の感じと同じかもしれません。

やはり、この映画は昔のゴジラファン(すなわちある程度のオジサマ)をターゲットにして作られてるのかなと思いました。

なので、昔のゴジラより戦闘シーンも少なめで、より人間側のドラマが中心になっている印象です。
(とはいえ僕の『昔のゴジラ』とはビオランテから、デストロイヤーの事ですが)

子供に見せるには正直向いていないと思いました。

ゴジラのデザインも今の子供からするとかなり怖いかもしれません。
たぶん歴代のゴジラのなかで今回のゴジラが1番恐い顔をしているんじゃないでしょうか?

でも僕は好きですけどね、怒りと狂気が迸るような攻撃的な面構え。いいです。

初めて放射熱線を吐くところなんて、鳥肌が立ちましたね。
カッコいい。

んで何気に、今回ゴジラの動きを担当したのがあの狂言師の野村萬斎さんなんですね。
で思ったんですが、それってやっぱりあの第一形態の動きもやってるんですかね…

なんだか萬斎さんがあの動きをしているところのメイキングを見てみたいですね(笑)

あとは、今回のゴジラの楽しみ方として、エヴァ要素にニヤリとするってのもありだと思うんです。

まずは音楽ですよね、作戦会議的な場面で流れる緊迫感あるあのドラムが印象的なBGMなんて、ほぼまんまエヴァでも使われていたやつですよね(笑)

あとはもう『ヤシオリ作戦』
完全に『ヤシマ作戦』でしょ(笑)

なんかもう、ゴジラがラミエルに見えてきそうです(笑)
熱線とか出すし。

まぁエヴァのファンは、ヤシマ作戦と重ね合わせて見るってのもありかなと思います。

個人的には、凝固剤を決死の覚悟で注入しに行ったメンバーがもう、胸熱でしたねー。
もう、あんなの確実に死ぬじゃんて言う状況でも、果敢にゴジラの口の真ん前まで行って、任務を果たす姿にやられますね。

ちなみに、あの最後のシーンでゴジラのしっぽの先についてた人はなんなんでしょう?
ゴジラの背びれがついているけど、なんだか人間ぽい形状。
まさか、これもエヴァネタの1つで、リリスみたいな事になってんだろうか?(笑)

もう一回みて確認してみたいところですね

映画 シン・ゴジラ レビュー(ネタバレなし)

KIMG1002~01

どうもウマゴロウです。

本日、待ちに待った映画 シン・ゴジラを見てまいりました!

東宝の代表的な映画とあって、公開の遥か前から告知をうっていましたよね。

キャストもとんでもなく豪華で、主役は長谷川博己、脇を固めるメンツも普段主役を張るような、竹野内豊や石原さとみや斎藤工といった人気の俳優さんや女優さん、さらには、大杉漣や柄本明、余貴美子、國村隼、平泉成等など上げたらきりがないくらいの、実力派のベテランまで揃い踏み。
この映画に対する力の入れ具合が伺えます。

そしてこのビッグプロジェクトを取りまとめるのが、特撮オタクでエヴァの監督の庵野秀明!

まぁ面白くないわけはありません!
終始緊迫した展開で、息をつく暇がありませんでした。

自衛隊の総力を持ってしてもかすり傷すら負わせられないほど、圧倒的な力をもつゴジラに、
それでも絶望をせず日本という国を守るために、必死で知恵を絞り、犠牲をいとわず戦う政府と自衛隊のメンバーに胸が熱くなります。

そして庵野秀明監督といえば、エヴァ。
ちゃっかりエヴァファンがニヤリとする要素も仕込んでくれています(笑)
まるで、エヴァが遅れていることへのお詫びのメッセージでもこめられているような気がしてしまいます。

そういう演出もあって、幼い頃にゴジラをみたファンはもちろん、エヴァのファンが見ても楽しめて胸が熱くなる映画になっています。

ゴジラファンもエヴァファンも両方のファンも、ぜひ見に行ってもらいたい映画です!
それも映画館の大きなスクリーンで一度見てもらいたいですね!

オススメです!

p.s.グッズとパンフ
KIMG1004~01
僕は買っていませんでしたが、エヴァとのコラボグッズもたくさんありました。

【映画 感想】アイアムアヒーロー見てきた!

どうもYです!

アイアムアヒーローみてまいりました。

正直予告の時点では嫌な予感しかしていませんでした。
「なんかショボそう…」って。

ところが!

素晴らしかったんだなこれが!
正直漫画原作の実写映画ってハズレが多い印象だったんですが、
かなりいい出来に仕上がっていました。

まず、一番危惧していた点。
ゾンビやアクションがショボいんじゃなかろうかと思っていたんですが、
ゾンビはいい感じに見た目もキモく、動きもかなり気持ち悪い。
最初の”てっこ”ちゃんのシーンはなかなか恐ろしかった。

アクションもハリウッド顔負けのカーシーンもあり、結構邦画にしては派手にやったなという感じ。

あと、漫画原作の場合、尺の都合でエピソードが省かれるのが常ですが、
割と省き方や、つなぎ方もスムーズな方だったかなと思いました。
原作をみていない人でも流れがわかりやすく、楽しめるようになってるんじゃないでしょうか。

キャストも割とよかった。
特に”中田コロリ”はやっぱり片桐仁しかいないよねw
違和感0ですw
(ちなみに中田コロリの描いた漫画が劇中に登場するんですが、その漫画を描いていたのが”あの人”でした。
たぶん原作読んでる人はなんとなく、想像つくかも)

長澤まさみの藪は少し違う気がしたけどね…

主役の大泉さんもいい味出てました。
なんかああいうヘタレな役ハマりますね。

演技がアレな人もちょこちょこはいらっしゃいましたが、
全体としてみると、面白いエンターテインメント作品に仕上がっていました。

漫画原作の映画としてではなく、
普通のゾンビ映画としてみても面白かったです。

グロいシーンもありますが、そういうのが大丈夫なら、
是非おすすめです。

映画「マネーショート」感想

wpid-wp-1457274184272.jpeg

どうもYです。

先日映画マネーショートを見てきました!

あらすじは、予告でも言ってるとおりリーマンショックを予見した4人が、一世一代の大勝負を仕掛ける、というストーリーなんですが、

まぁ一言でいうと、「難しいわ!」ですw
「空売り」や「スワップ」など、結構専門用語が出てきますので、事前に金融用語等を予習してないと、何言ってるかさっぱりわかりません!

一応わからない人のために、例え話で解説はしてくれるのですが、正直それもそんなにわかりやすくないw

というわけで、今作は僕みたいに金融用語とかわからんわって人にはオススメしません。
そんな映画ですw

マイインターン ブルーレイで音声が途切れる件

wpid-wp-1456183670536.jpeg

どうもYです。

この間発売になった、マイインターンのブルーレイを嫁さんが買ったので、一緒に見ていたら

ん?

突然音声が途切れたではありませんか。

ちょうど、ジュールズの母親の家に忍び込むシーンのベンとの電話シーン。
何回か巻き戻してみても、
毎回ジュールズの同じセリフのところで途切れます。

これは明らかに不良品だと思い、販売店に返品交換を依頼しました。

すぐに交換の品が届いたので、早速チェックしてみる事に。

ところが、また同じシーンの同じ箇所で音声が途切れるではありませんか!

これはおかしいと思い、ググってみると、同じ症状が出る人が結構いるようです。

公式サイトを見ても、まだそのことについて触れてはいないので、メーカーは把握していないようですが、おそらく製造段階の不良ではないかと思います。

一応、そのシーンのそのセリフだけを、早送り等で飛ばせば、以降の音声は再生され、無理矢理見れないこともないようです。
(面倒くさいですけどw)

なので気になる方は、返金対応してもらうか、製造メーカーに報告をして対応を待ちましょう。

ちなみに再生機器は、シャープのAQUOSブルーレイ『BD-W510』という機種です。

Playstation4でも再生してみましたが、こちらでは問題なく再生されましたので、特定のプレイヤーで起こる問題のようです。

映画の内容は素晴らしいので、ぜひメーカーには迅速に対応をしていただきたいですね。

【映画 オデッセイ 感想】無理難題の連続!だが諦めない!

wpid-wp-1454856065837.jpeg

どうもYです!

2/5(金)公開の映画『オデッセイ』を視聴してまいりました。

監督はあの『エイリアン』『ブレードランナー』『ハンニバル』などなど多数のヒット作を手がけたリドリー・スコット監督。

主演は、『ボーンアイデンティティ』などのボーンシリーズや、『オーシャンズ』シリーズの、マット・デイモン

原作は、僕は存じ上げなかったのだけど、アンディ・ウィアーという作家の『火星の人』。

なんと、このアンディ・ウィアーさん最初は自身のサイトで連載していたらしいです。
読者からの要望で、Kindle出だしたところ、ヒットしたようです。

あらすじと感想

さてあらすじはというと、火星の探査チームの一員としてやってきた、植物学者のマーク・ワトニー。
チームの同僚たちと、研究用のサンプルの採取の任務についていた。
しかし突然の砂嵐に見舞われ、撤退を余儀なくされるが、その撤退の際、マークは嵐で破損した機器にぶつかり、行方不明に。

チームの隊長が懸命に探すも、見つからず、誰もがマークの死を確信し、火星から脱出してしまう。

だが、実はマークは一命をとりとめていた。

幸い基地には食料など生存に必要な物資は残っていたが、それも180日分ほどしかない。
次に火星に人類がやってくるのが4年後。

同僚は自分が死んだと思っており、通信の手段もない。

彼は生きて再び地球の地を踏むことができるのか…。

というストーリー。

まぁ、のっけから絶望的で無理ゲーなシチュエーションなわけだけど、この映画が面白いのは、そんな絶望的な状況でも冷静に考え、1つずつ問題を解決していくところだと思う。

やっとの思いで1つ問題を解決したと思ったら、また別の問題が起きて全てが台無しになったり…。

何度も心が折れるような絶望的な状況がどんどんマークを襲います。
それでも1つずつ、着実に問題に対処していくマークの姿は、
現実の人生でぶち当たる無理ゲーな状況でも、1つずつ冷静に対処していく事の大切さを語っているようです。

正直エンターテイメント映画としては、他におしろい映画はいくらでもありますが、
見たあとにやる気が出るようなそんな映画です。
いい読後感の残る映画ですね。
(映画だから『読後』ではないかw)

スターウォーズ コンバージでシークレットカラーきた!

wpid-wp-1454023729575.jpeg

どうもYです。

この間、バンダイから発売されている食玩「スターウォーズ コンバージ」を買ったんですが、このスターウォーズコンバージ、
ダースベイダーとストームトルーパーに関しては、シークレットカラーが存在するとパッケージに記載されています。

そしてなんと、出てしまいました!

ストームトルーパーシークレットカラーバージョン!

image

なんかめっちゃ強そう…。

本来は白いはずのストームトルーパーが真っ黒です。
ちょっとタイファイターのパイロットみたいですねw

ベイダーもシークレットがあるようなので、気になります。

ただもう、どこの店行っても品薄なんですよね、スターウォーズコンバージ…。
あってもなぜかC-3POばっかりw
C-3POはもうもってるんだよなぁ

だれか大阪市内で、まだ残ってる店があったら教えてくださいw
とくにベイダー欲しいです。
あとストームトルーパーも通常カラーも欲しいですw

テッド2 ブルーレイが届いた!【感想もあり】

wpid-wp-1453247121085.jpeg

どうもYです。

今日、1月20日発売のテッド2のブルーレイが届きました!

テッド1もテッド2も両方劇場で見て、ブルーレイも買っています。
image

さて、このテッド2ですが、まずびっくりするのが、クレジットや宣伝のダイジェストを見てもわかる通り、
ヒロインが前作の『ローリー』ではなく、レ・ミゼラブル(映画)でコゼット役を務めた、アマンダ・サイフリッド演じる『サマンサ』という女性に変わっています。

前作であれだけの勢いで結ばれたのに…
今作テッド2では、離婚したことになっています。
まぁ…大人の事情でしょうね!w

とはいえ、雷兄弟は今作でも健在。
前作を上回るバカっぷりを見せてくれています。
下ネタも前作よりもどぎつくなっていますw
家族で見ると100%気まずくなることでしょうw

でもそこがいいんです!
それでいいんですテッドは!

ストーリーのあらすじは、テッドが前作の彼女タミ・リンと結婚するとこからはじまります。
しかし結婚から1年テッド夫妻はケンカばかり。
そこでテッドは子供を作れば、また仲の良い夫婦に戻れるのではと思い、
精子を作れない自分の代わりに、精子提供者を探すことに…。

というストーリー、もうすでに嫌な予感しかしませんw

でも基本的にはバカバカしいドタバタコメディーですが、見たあとなんだかほっこりするところは前作同様。
見終わったあとは、すっきりした気分になっていると思います(いや、どうかな?w)

AmazonならブルーレイとDVDがついて3,000円ちょっととお得になっていますので、ぜひ見てみてください。

あ、家族では見ないでねw
ドギツイ下ネタ平気な人と見てくださいw

スターウォーズ EP7 フォースの覚醒 ベイダーとカイロレン

wpid-wp-1451699203272.jpeg

どうもです、Yです。

昨日は映画の割引日ということもあって、スターウォーズ EP7 フォースの覚醒をもう一度見てきました。

※最後にネタバレあるので、注意です。

前回は4DXを見ましたが、今回は梅田のTOHOシネマズで普通の2Dで見てきました。
なんと等身大のストームトルーパーとBB8が展示されていました(上の画像)
かっこいい…!

あとスターウォーズ関係ないけど、TOHOシネマズ梅田の1番スクリーンの音響良くなってない?

なんか改装したぽいけど、音響がすごく良くなっててビビった。

本編ももちろん面白かった!
2Dでも迫力バッチリで、2回目というのに、興奮してしまいますw

でも、個人的にはやっぱ4DXを推したいね!
値段ははるけどそんだけの価値はあります!

とはいいつつ、上映後テンションあがってまたグッズ買ってしまったわけなんですが…(笑)

今回は買うつもりなかったんだけどなぁ(笑)

image

ほぼベイダー(笑)
フィギュア(左)と、デフォルメフィギュアのC3PO(右上)と、ベイダーのステッカーです。

ほんとはプラモも欲しかったんだけど、今プラモを作る気力と時間はないので諦めました。

作るからには塗装もきっちりしたい派なんで、今回は見送りました。

いつかは作ってみたいなと思います。

でも今回買ったやつも、値段の割にはまずまずのクオリティかなって感じで、満足です。
ベイダーとC3POって全然EP7感ないけどね(笑)

でも一応パッケージはフォースの覚醒仕様になってるんで、今作のグッズのようです。

image

左手はフォースグリップ仕様になってます。
そして奇しくもパッケージでベイダーとカイロレンが共演しています。

ここから、ネタバレありなんで、ご注意下さい!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベイダーに憧れてるレンくんだけど、
ベイダーはやっぱりさ、暗黒面に墜ちたとはいえ、家族への想いってのは人一倍つよかったと思うんだよ。
ルークを殺すのではなく懐柔しようとしたり、
そもそも、暗黒面に墜ちたのも、妻のパドメへの想いが強すぎて、
それゆえにシディアスに付け入られてしまったわけで、
父であるハン・ソロをやっちゃうってのは、ベイダーとは決定的に違うとこだよね。

すぐ感情的になるところはおじいちゃん似なんだけどね(笑)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Top