映画 シン・ゴジラ レビュー(ネタバレなし)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
KIMG1002~01

どうもウマゴロウです。

本日、待ちに待った映画 シン・ゴジラを見てまいりました!

東宝の代表的な映画とあって、公開の遥か前から告知をうっていましたよね。

キャストもとんでもなく豪華で、主役は長谷川博己、脇を固めるメンツも普段主役を張るような、竹野内豊や石原さとみや斎藤工といった人気の俳優さんや女優さん、さらには、大杉漣や柄本明、余貴美子、國村隼、平泉成等など上げたらきりがないくらいの、実力派のベテランまで揃い踏み。
この映画に対する力の入れ具合が伺えます。

そしてこのビッグプロジェクトを取りまとめるのが、特撮オタクでエヴァの監督の庵野秀明!

まぁ面白くないわけはありません!
終始緊迫した展開で、息をつく暇がありませんでした。

自衛隊の総力を持ってしてもかすり傷すら負わせられないほど、圧倒的な力をもつゴジラに、
それでも絶望をせず日本という国を守るために、必死で知恵を絞り、犠牲をいとわず戦う政府と自衛隊のメンバーに胸が熱くなります。

そして庵野秀明監督といえば、エヴァ。
ちゃっかりエヴァファンがニヤリとする要素も仕込んでくれています(笑)
まるで、エヴァが遅れていることへのお詫びのメッセージでもこめられているような気がしてしまいます。

そういう演出もあって、幼い頃にゴジラをみたファンはもちろん、エヴァのファンが見ても楽しめて胸が熱くなる映画になっています。

ゴジラファンもエヴァファンも両方のファンも、ぜひ見に行ってもらいたい映画です!
それも映画館の大きなスクリーンで一度見てもらいたいですね!

オススメです!

p.s.グッズとパンフ
KIMG1004~01
僕は買っていませんでしたが、エヴァとのコラボグッズもたくさんありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

Top