スターウォーズ EP7 を見てきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
wpid-wp-1450552440766.jpeg

どうもYです!

見てきた!

見てきましたよ、スターウォーズEP7!
しかも4DX。

鳥肌たちっぱなしの2時間半でした!

■4DX初体験

まず、今回はじめて4DXを体験したのですが、思った以上に迫力がありました。
座席も結構ガッツリ揺れます、人によっては立体3D映像とあいまって酔うかもしれないレベルです。
もはや映画というよりアトラクションと言ったほうがいいかもしれません。

その映像とリンクして、スモークが出たり、水しぶきや雪が降ったりもしました。
USJのターミネーターとかよりもすごいかも。

2人で6400円という、正直映画としては高いチケット代でしたが、アトラクションとしてみれば納得できるのではないでしょうか。

ほんとは匂いとかも出せるらしいのですが、
今回のスターウォーズでは匂いの演出はありませんでした。

■スターウォーズの過去作は見てから行くべき

やはり、続き物の映画ですし、特にこのEP7は旧作を見た人からすると、
鳥肌の立ったり胸の熱くなるシーンが数多く出てきます。

今作を最大限に楽しむには過去作、最低でもEP4,5,6は見てから、
鑑賞することをオススメします。

個人的には、過去作は公開順EP4→5→6→1→2→3で見るのがオススメですね(^_^)

■懐かしのキャラクターと新たなキャラクター

今作EP7はEP6から数十年後の物語になっています。
当然、新たなキャラクターが多数出てきますし、
懐かしのキャラクターも出てきます。

主要な人物としては、
レイ…今作の主人公、廃品回収を生業にしている。
フィン…ファーストオーダー(旧銀河帝国軍)の元兵士
カイロ・レン…ファーストオーダーの指揮官(?)
スノーク…ファーストオーダーの最高指導者。ダークサイドに通じている

この3人は一体何者なんだろうかというのが、公開前の大きな話題でしたが、
明らかになるものもあれば、また新たな謎も生まれていきます。

そして、懐かしのメンバー
ハン・ソロ…また運び屋に戻っているようです。
チューバッカ…ソロの永遠の相棒、今作でもコンビは健在。
レイア姫…レジスタンスの将軍
C3PO&R2D2…こちらのコンビも健在

特にソロの登場シーンは思わず胸が熱くなりました。
チューイとのコンビも相変わらずw
今作はとくにソロにフォーカスされていました。

■新たな謎

新たなキャラクターとともに謎も生まれています。

レイに関しては、その出生が非常に気になります。
そして、ファーストオーダーの最高指導者のスノークとは何者なのかも気になるところ、ダークサイドに通じてるようですが、シスは滅びたのではないのか?

個人的にはスノークは、ダースシディアスの師である、ダースプレイガスが死を克服して帰ってきたのではないかと思ってます。
(過去作にて、プレイガスは死を克服するすべを見つけたとシディアスが言っていた)

まとめ

映像の迫力と魅力的なキャラクター、ストーリーどれも期待を裏切らない映画でした。

EP1,2,3では、ライトセイバー戦がかなり進化していましたが、
今回はとくに戦闘機のシーンが非常にスリリングに進化していました。

ミレニアムファルコン号の戦闘シーンは鳥肌ものですよ!

ストーリー的には、ハン・ソロがかなり重大な存在となっています。

全体的な感想としては、
今までのスターウォーズに恥じない、素晴らしい出来だと思います。
少し他の映画よりもチケットは高いですが、それでも見て損はないと思いました。

ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか。

p.s.普段あまりたくさんグッズは買わない方なんですが、今回は結構買っちまいましたw
でも満足ですw

image

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

Top