ゴジラ

【ネタバレ注意!】シン・ゴジラ感想

KIMG1003~01

【この記事はネタバレを含みますのでご注意下さい】

どうもウマゴロウです。

いやーシン・ゴジラ楽しかった!

子供の頃見たゴジラより、話はより大人向けにしてある気がしましたが、このスリル感はあの頃の感じと同じかもしれません。

やはり、この映画は昔のゴジラファン(すなわちある程度のオジサマ)をターゲットにして作られてるのかなと思いました。

なので、昔のゴジラより戦闘シーンも少なめで、より人間側のドラマが中心になっている印象です。
(とはいえ僕の『昔のゴジラ』とはビオランテから、デストロイヤーの事ですが)

子供に見せるには正直向いていないと思いました。

ゴジラのデザインも今の子供からするとかなり怖いかもしれません。
たぶん歴代のゴジラのなかで今回のゴジラが1番恐い顔をしているんじゃないでしょうか?

でも僕は好きですけどね、怒りと狂気が迸るような攻撃的な面構え。いいです。

初めて放射熱線を吐くところなんて、鳥肌が立ちましたね。
カッコいい。

んで何気に、今回ゴジラの動きを担当したのがあの狂言師の野村萬斎さんなんですね。
で思ったんですが、それってやっぱりあの第一形態の動きもやってるんですかね…

なんだか萬斎さんがあの動きをしているところのメイキングを見てみたいですね(笑)

あとは、今回のゴジラの楽しみ方として、エヴァ要素にニヤリとするってのもありだと思うんです。

まずは音楽ですよね、作戦会議的な場面で流れる緊迫感あるあのドラムが印象的なBGMなんて、ほぼまんまエヴァでも使われていたやつですよね(笑)

あとはもう『ヤシオリ作戦』
完全に『ヤシマ作戦』でしょ(笑)

なんかもう、ゴジラがラミエルに見えてきそうです(笑)
熱線とか出すし。

まぁエヴァのファンは、ヤシマ作戦と重ね合わせて見るってのもありかなと思います。

個人的には、凝固剤を決死の覚悟で注入しに行ったメンバーがもう、胸熱でしたねー。
もう、あんなの確実に死ぬじゃんて言う状況でも、果敢にゴジラの口の真ん前まで行って、任務を果たす姿にやられますね。

ちなみに、あの最後のシーンでゴジラのしっぽの先についてた人はなんなんでしょう?
ゴジラの背びれがついているけど、なんだか人間ぽい形状。
まさか、これもエヴァネタの1つで、リリスみたいな事になってんだろうか?(笑)

もう一回みて確認してみたいところですね

映画 シン・ゴジラ レビュー(ネタバレなし)

KIMG1002~01

どうもウマゴロウです。

本日、待ちに待った映画 シン・ゴジラを見てまいりました!

東宝の代表的な映画とあって、公開の遥か前から告知をうっていましたよね。

キャストもとんでもなく豪華で、主役は長谷川博己、脇を固めるメンツも普段主役を張るような、竹野内豊や石原さとみや斎藤工といった人気の俳優さんや女優さん、さらには、大杉漣や柄本明、余貴美子、國村隼、平泉成等など上げたらきりがないくらいの、実力派のベテランまで揃い踏み。
この映画に対する力の入れ具合が伺えます。

そしてこのビッグプロジェクトを取りまとめるのが、特撮オタクでエヴァの監督の庵野秀明!

まぁ面白くないわけはありません!
終始緊迫した展開で、息をつく暇がありませんでした。

自衛隊の総力を持ってしてもかすり傷すら負わせられないほど、圧倒的な力をもつゴジラに、
それでも絶望をせず日本という国を守るために、必死で知恵を絞り、犠牲をいとわず戦う政府と自衛隊のメンバーに胸が熱くなります。

そして庵野秀明監督といえば、エヴァ。
ちゃっかりエヴァファンがニヤリとする要素も仕込んでくれています(笑)
まるで、エヴァが遅れていることへのお詫びのメッセージでもこめられているような気がしてしまいます。

そういう演出もあって、幼い頃にゴジラをみたファンはもちろん、エヴァのファンが見ても楽しめて胸が熱くなる映画になっています。

ゴジラファンもエヴァファンも両方のファンも、ぜひ見に行ってもらいたい映画です!
それも映画館の大きなスクリーンで一度見てもらいたいですね!

オススメです!

p.s.グッズとパンフ
KIMG1004~01
僕は買っていませんでしたが、エヴァとのコラボグッズもたくさんありました。

Top