Amazon echo dot開封レビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
DSC_0907~01

無事招待を受けて購入できました、
Amazon echo dot!
先月買った『Google Home mini』との比較も交えつつ、レビューしていきたいと思います!

DSC_0873~01
鮮やかなブルーの箱!

内容物

中身を見てみましょう!
_20171117_205300

  • echo dot本体
  • 充電用USBケーブルとコンセントコネクタ
  • 説明書となんかしらの紙

本体のデザインですが、結構ネガティブな意見も多いのですが僕は割と好きです。

インテリアとしてはGoogleHomeみたいなファブリック素材のデザインがいいと思いますが、
言ってもガジェットなんでね、こういうガジェット感丸出しのデザインもいいと思います。

音声出力用のジャック搭載!

DSC_0879~01
本体には充電用のUSBの差込口と音声出力用のジャックがついてます。
やはりハード面でGoogle Home miniと1番異なるのはこの音声出力用のジャックですね!
このおかげで、自分の好きなスピーカーに繋げて高音質で音楽を聴くことができます。

それだけじゃなくて、Bluetoothでの接続にも対応してるそうです。

本体スピーカーの音質は…

さて本体をコンセントに繋ぐとフチのライトが光って起動し、
音声が流れてアプリでのセットアップを促されます。
本国での評判を聞いていたので、予想はしていましたが、正直あまりいい音とは言えませんでした。
この点はGoogle Home miniの方が優れています。

具体的に言うと、少しこもってて低音もあまりない感じがします。
Alexaの音声を聞き取る分には不足のない音質ではありますが、音楽を聴くのはかなり厳しいでしょう。
下手するとスマホのスピーカーで聞いたほうがいいです。

音楽メインで利用したい方は、外部スピーカーやヘッドホンなどを使用された方が良いでしょう。
(とはいえAmazonミュージック自体がかなり音源に圧縮をかけているぽいので、CD音源などと比べるとショボいのはショボいです…^^;)

IFTTT連携ができない?!

これはかなりショックでした。
IFTTTって何?って方はこちら
IFTTTを開くと、トリガーに「Alexa」が設定できるようになっているのですが、
実際レシピを作成してみて、Alexaに話しかけてみても反応しないのです。
ためしに「アレクサ、電気つけて」でNature Remoで照明をつけるレシピを作ってみたのですが、
「スマートホーム端末がセットアップされていません」と返答されて、
レシピが走りませんでした。

ただ「電気をつけて」だともともとの予約語とかぶっているせいだと思い、
何個か別のワードでも試してみましたが、どれもダメでした。

よくよくIFTTTのトリガーワードの項目を見てみると
”Use lower-case characters only”
(小文字しか使えません)
と注意書きがありましたので、AlexaはAlexaでも英語版しか対応していないのかもしれません。

現状で家電コントロールをするには

なのでEchoで家電操作をしたい場合は、Hueなどの対応製品を買うか、
ラトックシステムのスマートリモコンなど、IFTTTなしでEchoと連携できるものを買う必要がありそうです。
(いい方法がありましたらコメントください!)

スキルは豊富!

なんだかマイナス寄りのことばかり書いてしまいましたが、
いい点もあります。

それはやはりスキルの多さでしょう。
(スキルとは、スマホで言うアプリみたいなものです。
最寄りの飲食店に音声で注文を送れたり、ニュースが聞けたりするようになります。)
まだGoogleではこの辺が少ないのですが、Echo(Alexa)には現段階でもかなりの数のスキルがあります。
ちゃんと日本語のEchoに対応したスキルが250種類以上もあるらしいです!

タクシーの配車サービスや宿泊施設の空き部屋検索など、
かなり実用性の高そうなものがたくさんあります。

買い物が楽!

やっぱり通販のAmazonですからね、お買い物できてなんぼってなものです。
「アレクサ、シャンプーを買いたい」等と言うと、関連する商品をAmazon内から検索してくれて、
「▲◆〇(商品名)が一番最初に見つかりました、合計金額●●円です。購入しますか?」(購入履歴に該当商品がある場合は、それを一番最初に提示してくれます。)
「はい」というと購入になり、Amazonアカウントのデフォルトの配送先へ配送されます。
怖いくらい簡単ですw

でも間違って注文してしまっても、
「アレクサ、注文をキャンセル」というとキャンセルしてくれるので、
安心です。

総評

正直に言うと、スマートスピーカーとしての完成度は、
Google Home miniのほうが高いと思います。
本体の音質やアシスタントのしゃべり方、聞き取りの感度はダントツで負けていると感じました。
逆にGoogle Homeがこの辺の言語周りの処理が優秀すぎるのかもしれませんが。

Echoはたまに言い間違えたりするとちゃんと反応してくれなかったり、
聞き間違いをされたり、
逆にEchoの応答が聞き取りづらかったりということがありました。

なので、普通にニュースや天気ラジオを聞くというくらいの用途や、
あとはIFTTTでガンガン連携させたい人、
ちょっとスマートスピーカーを試したいだけの人には、Google Home miniをお勧めします。

Echoはどんな人におすすめかというと、
やっぱりスキル目当ての人でしょうかね、
「アレクサ スキル 日本」などと検索すると、いろいろスキルが出てきますので、
その中から、使ってみたいスキルがあれば買ってみるといいかなと思います。

問題は、今後Google Home側にもスキルのようなものが追加されていく可能性があることです。
スマートスピーカーは買った状態が完成形ではありません。
スマホのようにドンドンアップデートが投入されていきます。
なので、ソフト面でのアドバンテージというのは簡単にひっくり返ってしまうことがあるということです。

とりあえず”現時点で”使いたいスキルがあるなら、
Dotでしたら値段もそこまで高いものではないので、お試し感覚で買ってみてもいいかもです。

DSC_0882~01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

Top